読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめピアノ

30代からのピアノ練習日記

エリーゼ音楽祭全国大会(美容編)

準備編に続きまして美容編を個別記事にしてUP♪

メイクが中心です。

 

【爪】

最近はネイルサロンで整えてもらってます。自分でやるのめんどくさい(笑)

1,080円で綺麗に短くしてくれるし。自分でやってガタガタになるくらいなら,

最初からプロにお願いするのだ。

出発当日の朝,いつものネイルサロンで短めに整えてもらいました。

ネイルは塗ると違和感があるので,基本しません。艶々に磨くのみ。

 

【髪】

新社会人になって以降,大阪に転勤するまでずっと通っていたサロンで予約。

仲良しだし,リラックスできるから!

本番日の前日に,別途カラーとトリートメント行きました。

ゆっくり髪型の相談ができたので,当日がスムーズにいきました。

サロンのみなさん,お変わりなく元気そうで何より。ちなみに大田区大森海岸の「BPJ's」というサロンです。お気に入り。

ヘアセットは,ややローウェイトのフルアップで。

横顔が見えるほうが演奏中は見栄えが良いので,サイドもすっきりと。

でも演奏するヒトってハーフアップが多いよね。なんでかしら。

せっかくのロングドレスですから,フルアップにして頭身を稼ぐほうが

絶対に美しいです。

前にハーフアップもしてみたけど,首が短く見えてダメでした。

曲が淡々と美しいので,あまりキチッともくるくるカールにもせず,

ちょっと緩めでピュアな感じ(苦笑)を出しました。

バラードなんかを弾くときは,きっちりまとめてカッコよさも出したほうが

よいかもしれません。

 

【メイク】

お待たせしました(誰が待ってるんだ)。メイクです。

ポイントは,「長時間崩れにくい,華やかなメイク」ですね。

 

①基礎化粧

基礎化粧でしっかりお手入れ。お粉系統をたくさん重ねていくので,特に

水分をしっかり入れ込みましょう。化粧水パックができればGood。

乳液orクリームを薄く塗ったら,ティッシュオフ。

うめはCHANELのサブリマージュをライン使いしています。

とっても高価なんですが,効果は素晴らしいです。もう浮気できない。

 

②ベースメイク

油分のある化粧品を重ねると崩れるので,うめはあまり使いません。

下地はSPF入り微粒子パール入りの日焼け止め対応のもの。

いつもはCHANELのパール入り下地ですが,持ってくるのを忘れたwので,

この日は試供品でもらったCHANELサブリマージュの日中用乳液で代用。

 

お次はコンシーラー資生堂「スポッツカバーファウンデイション」を。

筆でとり,目の下のクマ隠し・あら隠しに使用。

目の下がしっかりカバーされていれば,他は薄いカバーでいけます。

筆で伸ばしたあとは,使い捨てスポンジでぽんぽんと叩きながら馴染ませます。

スポンジで伸ばしたりしないように。せっかく隠したのに。

 

ファンデーションはONLYのミネラルファンデーションを2色使い・筆塗りします。

明るめの色を顔の中心に,暗めの色を顔の外側に。

くるくると毛穴を埋めていきましょう。

崩れにくいし,崩れても汚くないので気に入ってます。もう5年くらいはこれ。

ファンデはパール無しのほうが用途が広くてよいかと。

変なパールだと毛穴や肌の凹凸が余計に目立ちますよ。

 

ファンデのあとは崩れ防止のお粉をこちらも筆塗り。大き目の筆でくるくる。

カネボウのミラノコレクション(パール無し)

エレガンスのプードルオートニュアンス(パール無しのもの)

あたりが崩れにくくてお気に入り。うめはミラコレ使用。

 

以上でベース完成。

 

③アイメイク

眉は顔の骨格を左右します。重要よ。

眉頭~眉尻まで,アイブロウペンシル(資生堂マキアージュ)で形を作る。

最近はまだ平行・太目の眉が主体ですかね。

書き終わったらパウダー(資生堂クレ・ド・ポーボーテ)でぼかします。

筆で全体がふんわりするように。

今回はステージなので,眉は少々濃いめ,眉尻も長めに書きました。

 

崩れたり,くすんだりするのが怖いので,アイシャドウは薄目のもので。

ラインとマスカラでしっかり仕上げるので大丈夫。

まぶた全体→アイシャドウ下地,微小パールの白

アイホール→薄いピンク

二重の幅→薄いブラウン

二重の目じり部分→濃いブラウン

今回は資生堂マキアージュのパレットを使用。

 

次はつけまつげ。練習しないとこれは難しい。前々日から練習しましたw

つけまはけっこうボリュームあるやつで良い。ナチュラルなやつは遠目では見えない。

黒目~目じりの長さにカットしたあと,つけまの本体根元を柔らかくしておく。

つけまを置くまぶたのほうに専用の糊をちょんちょんと置く。

つけまにも薄く糊を縫って,透明になるのを数十秒待つ。

黒目の上を狙ってつけまをON。すぐに自まつげと一緒につまんで,

正しい位置に持っていく。しばし待つ。

くっついたら,ビューラーで自まつげと一緒に持ち上げ,カールを揃える。

全体をなじませるためマスカラを軽く塗る。

自まつげしかない目頭,下まつげにはマスカラをたっぷり。

つけまはドラッグストアで売れ筋商品というPOPがあるものを買いました。

ビューラーは資生堂,マスカラはクリニークのラッシュパワーマスカラ。

マスカラはこれを10年間リピート中。

 

つけまが乗ったら,アイラインをしっかり引く。太目に引きましょう。

つけまの根元と隙間ができないように。目じりも長めに。

楽天の「まつげエクステプロ用商材bilux」というショップで扱っている

EYELASHLABOのイージーアイライナーを使用。

フィルムタイプで,にじんだりしないし落としやすい。

アイラインを引いたら,もう一度全体を眺めて,

アイシャドウのぼかしを重ねたり

ビューラーをかけなおしたり

マスカラを重ね塗りしたりして,左右のバランスを整える。

 

以上,アイメイク完成。

 

④チーク,ハイライト

チークはCHANELの青みピンク。

黒目の下~こめかみあたりに向けて大き目の筆でしっかり入れる。p

ステージ上ではライティングでけっこう色がとんでしまいます。

ハイライトは資生堂クレ・ド・ポーボーテのレオスールデクラ。

粒子が細かくて,上品にツヤッツヤ。

チークの上に重ねる+目の下,Tゾーンを光らせる。

チークブラシ・ハイライトブラシどちらも灰リス毛の熊野筆なんですけど

粗光峰(山羊)毛のほうがもうちょっとコシがあっていいかもしれない。

ツヤが足りないと思うならば,MACのライトスカペードでも良いかな。

 

⑤リップメイク

リップラインは資生堂マキアージュのベージュピンク。

何にでも使える唇の地色に近い色で,リップブラシ一体型を選んでます。

うめは上唇がやや薄いので,上唇はオーバーリップ気味,下唇はラインどおり。

口紅はイブサンローラン ルージュヴォリュプテシャインのピンク。

グロスはゲランのグロスダンフェールのピンクで。

外資系のは色がキレイ。


f:id:umepiano:20161105122328j:image

口紅はもっと濃い色でよかった!後で写真見たら完全ナチュラルでした。

選び方間違えると唇が荒れまくるので,いつものやつを使ったんですが。

 

鏡を見た時点ではギョッとするくらいで丁度いいです!ほんとに!

 

以上でメイク完成!長かった。1時間半かかりました。

 

【その他】

肘が汚いとがっかり感。毎日のお風呂上りのスキンケアの際,

乳液を肘にも塗る習慣をつけてます。

脇の処理も忘れずに(万歳することは無いけど)。

手足のムダ毛について,へたに処理をすると肌荒れを起こすので,

極力しません。

香水はドレスにシミを作ったり,デリケートな方もいらっしゃるので

やめましょう。

 

 

お次はお待ちかねの当日演奏編!