読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめピアノ

30代からのピアノ練習日記

曲に感じる風景♪

おはようございますうめです。

今夜は飲み会をハシゴせねばならず、さすがにピアノに触れないかも(>_<)

30分あきそうだったらスマイルズミュージックに電話してみようっと。

 

昨日はピアノサロンで人前で弾かせて頂きました。

指ならしもせず、いきなり弾く。本番を想定した練習です。

 

わたくし、緊張するととにかく走ってしまいます。。

「丁寧に弾ける」テンポで弾かねばならないのに。

この日も崩れ放題(;´Д`)

今週の目標に「冷静さを保つ」も加えよう…

 

でも、お客さんから嬉しいお言葉も貰いました。

曲から受けるイメージ。

「盛り上がるところ。急に身体が高いところに持って行かれて、森を見下ろすようだと思ったよ」

 

これは嬉しかったです。

私が展開部でイメージする風景そのものだから。

 

ショパンの曲って、具体的な「表現するタイトル」が殆ど無いんですが。

長く弾きこんでいると、突然頭に浮かんでくる風景があって、それがうめにとっての「曲の風景」になるんです。

 

バラ1だったら、第一主題は、夜の街に静かに雨が降る様子。第二主題は、山から湧き始めた水が、少しずつ集まって川になっていく様子。

そして展開部は、高いところから深い森を見下ろすイメージ。

ここは特に具体的なイメージがあって、九州の阿蘇、外輪からカルデラや深緑の山々を見ているような(笑)

いつだったか、弾いてるときに急にその風景が浮かんできたのです。

阿蘇に行ったのは10年くらい前かな)

 

こんな風に曲に持ってるイメージが、お客さんとピタッと共鳴して、本当に嬉しかった。

これが「伝わる」ということ?

 

皆さんは、ご自分の大好きな曲に、どんな風景が見えるのでしょうか。

 

 

 

毎朝のセブンのコーヒー、アイスが美味しい季節になりました。


f:id:umepiano:20170516065008j:image